Top Page GALLERY 2021


【1月の表紙】

2019・01・27 東海道本線 早川−根府川 (NikonD850 AFDCNikkor105oF2 ISO200)
冬型固定の1月から2月前半にかけて、関東一円は風こそ冷たいものの穏やかな晴天が続く。この日も神奈川は文句なしの晴れ予報。「踊り子」狙いで小田原に車を走らせ た。 午後一の115号を根府川の白糸川橋梁で撮り、次は石橋鉄橋へ。だが、ここ3年ほど冬になる度に訪れていれば、定番構図はほぼ押さえている。今日は季節ものをあし らって“らしい”1枚を頂戴しよう。目を付けたのはミカンの実。 ご承知のように、この鉄橋界隈の山の斜面は、陽当たりの良さと水はけを活かしてミカン畑が広がっている。 湘南色の由来ともなったと言われる緑の葉とオレンジの果実を手前にボカして、相模路を颯爽と描けるストライプ模様を切り取った。

キリ番の年のオリンピック開催で“Tokyo2020”などと盛り上がっていた昨年。コロナ禍で浮かれたムードに冷や水が浴びせられ、一転して自粛に不況と沈滞ムードの中で年 が明けた。感染症克服のビジョンも大してないままだし、IOCと大手企業の利権が蠢く商業オリンピックなどもうやらなくて結構だが、少しは落ち着いて人と会い、撮影に出 掛けられる1年になって欲しいものである。ポストコロナはオンラインの時代だ!なんてまことしやかに言う意識高い系の人たちもいるけれど、仕事も鉄も「現場踏んでナン ボ」でしょ!



【2月の表紙】

2020・02・08 いすみ鉄道 小谷松−大多喜 (NikonD850 AF-SNikkor85oF1.8G ISO200)
「梅花 凌寒独自開(梅花 寒を凌ぎて独り自ら開く)」。約四半世紀前、受験直前期に中国史の研究者でもあった予備校の恩師から用語集の片隅に頂いた言である。 北宋時代の王安石の作からの一節。受験は思い通りの結果ではなかったが、その後恩師の影響から予備校の教壇に立ち、最終的に高校の世界史教員になった。人生の 転機になった出会いであり、今も受験生を前にするとこの言葉が脳裏に浮かぶ。 この年は受験学年の担任だったこともあり無意識のうちにこの詩が頭を過ったのだろ う、いすみ沿線で咲き誇る梅の花を見掛け、思わずこのアングルでカメラをセットした。

鉄道写真といえば基本は前面・側面ともに陽が当たるバリ順がベスト、印象的に撮るならば面潰れのサイドギラリ、側面陰りは万策尽きた悪手である。長らくそう思 ってきた。しかし、車両や路線に入れ込み、何かモチーフを交えて被写体を狙うようになると、そんな考え方は変わってきた。季節の花や若葉・紅葉などを列車の“顔” と絡めるならば、かえって側面は陰っていた方が主題と副題がはっきりする。そんなことを考えながら、定番築堤の逆光側で梅の花を手前にキハ52を待った。



トップページへ Top Page GALLERY 2020へ
Top Page GALLERY 2019へ
Top Page GALLERY 2018へ
Top Page GALLERY 2017へ
Top Page GALLERY 2016へ
Top Page GALLERY 2015へ
Top Page GALLERY 2014へ
Top Page GALLERY 2013へ
Top Page GALLERY 2012へ
Top Page GALLERY 2011へ
Top Page GALLERY 2010へ
Top Page GALLERY 2009へ
Top Page GALLERY 2008へ
Top Page GALLERY 2007へ