Top Page GALLERY 2017


【1月の表紙】

2011・01・01 鶏西鉄路 城子河北場 (NikonD700 AF-SNikkor24-70oF2.8 ISO200)
西の空に浮かぶ雲を茜色に染めて、大陸の北辺に冬の短い日が沈もうとしていた。ロシア国境にほど近い中国黒竜江省鶏西。本命だった樺南森林鉄道が大雪で運休とな り、炭鉱に今なお残る上游型を訪ねて彼の地に転戦した。 しかし、 数年前まで郊外各地に広がる幾つもの路線に蒸機が闊歩していたというこの地にも無煙化の波は急 速に押し寄せ、相次ぐDLの導入や電化工事の進展によって、SLの姿が見られるのは城子河地区の専用線を残すのみとなっていた。 日没が迫る中、ガランとしたヤ ードに1両だけ機関車が佇んでいた。もう普通の光線は望めない。真冬らしい鮮やかなグラデーションに染まる空を背に、シルエットを抜いてみよう。ローアングルか らあおるように24oで煙をたなびかせる機関車を見上げてみる。蒸気機関車は、確かに生きていた。

鉄ちゃんというやつは、常にあと10年早く生まれたかったと口にする。私も例外ではなく、あと10年早く生まれていれば北海道のローカル線を堪能し、板谷峠に通い、 碓氷のロクサンを満足いくまで撮ったはずである。だが、叶わなかった夢が海の向こうで叶うこともある。間に合わなかったはずの現役の蒸気機関車の勇姿を、私は酷 寒の中国東北地方でこの目に焼き付けることができた。



【2月の表紙】

2016・02・03 吾妻線 祖母島−小野上 (PENTAX67 smcPENTAX165oF2.8 RVP50(+1))
遅れブルトレも特雪もなくなった冬、関東に残された数少ないターゲットの一つが吾妻線の霜取りクモヤだった。他に撮るものもないし、ちょっと行ってみるか! 軽い気持ちで祖母島界隈に出掛けたのが2年前のこと。景色は冬枯れだが、日の出直後のギラギラの光線を浴びてやって来る単行電車は何とも魅力的だった。しか も1〜2月の渋川は全国でもトップクラスの晴天率。なんだ、こんな美味しい被写体がまだあったではないか。それ以来、機会あるごとに未明の関越を下るように なり今年で3シーズン目になる。

2月上旬、南東方向に山があるため、線路に陽が入るのはまだ7時を回ってからと遅い。列車のダイヤと見比べると、必然的に撮影ポイントは小野上以東に限られ る。おのこのトンネル飛び出しや祖母島駅先端のような顔面アップもカッコイイけれど、この区間で吾妻らしいといえば双耳型のピークを持つ榛名山の威容だろう。 山腹の小道から後追い気味の構図で狙えば、吾妻川を渡る鉄橋の背後に独特の山頂が顔を出す。ペンタ165oでセット完了! 7時10分、ようやく切り位置から影が抜 けた。間もなく眼下で踏切が鳴ると、上州名物の空っ風に乗って甲高いモーターの音が響いてきた。



【3月の表紙】

2014・03・16 いすみ鉄道 新田野−上総東 (NikonF5 AFNikkor20-35oF2.8 RVP100)
今年の2月はとにかく多忙で、撮影に出ることもほとんどないまま過ぎてしまった。 受験シーズンを乗り切って数日、卒業式が終わってふと外を見ると、 いつのまにか陽光が強くなっていた。空気はすっかり春、無彩色の景色に少しずつ彩りが戻ってくる。 新たな季節の幕を開けるのは、線路際に群生する菜 の花から。バラストに沿って鮮やかな黄色い花道ができるのが今から待ち遠しい。

毎年のように春を感じに行く場所の一つがいすみ鉄道である。レールバスが黄色基調のカラーリングなのは県花でもあり同線の名物でもある菜の花に由来 するとのことで、確かに3月中旬になるとあちこちの築堤が絨毯を敷いたかのように花の色に染まる。そこを週末ごとに国鉄型気動車が走るのだから、本 線系の被写体が枯渇しきった昨今では堪らない魅力を備えた路線といえるだろう。この日もポカポカ陽気に恵まれて、小さな踏切脇に三脚を立てた。光線が 中途半端な午後一番の列車は編成で撮っても仕方ない。前景に花を配し、52・28の連結面を背後にブラして季節感を出してみた。



【4月の表紙】

1997・04・10 信越本線 横川駅 (OLYMPUSOM−1 ZUIKO135oF2.8 RDPU)
2017年は、長いスケールで見るとルターの宗教改革から500年、ロシア革命から100年、短いスケールで見ると国鉄分割民営化から30年、碓氷峠廃止から20年、鹿島鉄道廃止から 10年の節目の年である。ついでに言うと当サイトも4月1日をもって開設から10年が経過した。「撮影日記」が“DEATH NOTE”と化してしまうほど撮りたい被写体が消え、機材 も急速にデジタル化が進む中で、よくここまで国鉄型と銀塩写真にこだわって続けてきたものだと自分でも呆れてしまう。とはいえ、これも偏に日々ご覧くださっている方々あ ってのことなので、今後とも海外に視野を広げたりしながらできる限り継続していければと考えている。

さて、そんな今月の表紙は碓氷峠のEF63である。 浪人生になったにもかかわらず、予備校生活が始まる前に18きっぷを消化するためと称して横川を訪れた。丸山変電所付近は まだ咲き初めだったが、機関区脇の桜は見事な満開。1日の撮影の締めくくりに、薄暮の時間をバルブに充てた。尾灯を1灯光らせて、ブルーモーメントに佇む15号機。静かな 峠の麓にロクサン特有のブロワー音だけがただ鳴り響いていた。



【5月の表紙】

2016・05・22 津軽鉄道 川倉−深郷田 (PENTAX67 smcPENTAX90oF2.8 RVP50(+1))
津軽半島を南北に延びる本州最北の私鉄、津軽鉄道。定期列車こそレールバスのメロス号に置き換えられてしまったが、名物ストーブ列車のために今も凸型ロッド式DLの DD352と旧客が健在なのはご承知の通り。鄙びた沿線風景と昭和40年代テイストの名優の組み合わせに惹かれて、カマの出番をチェックしては同線を訪れている。この日は 有志の工臨チャーターに参加して沿線を駆け回った。天気は快晴! 抜けるような青空の下、水を張った田んぼに挟まれて海の中道のようになった線路を、ブドウ色の古武士 がへろへろとやって来た。

数年前まで、津軽の地は文字通り最果てだった。東北道をほぼ無休で全線走破して約10時間、公共交通機関を使っても八戸乗り換えで「はやて」〜「白鳥」を乗り継ぎ5時間 弱、そう気安く来れる場所ではなかった。だが、東北新幹線の新青森延伸で状況が一変した。「はやぶさ」で最速3時間余り、そこからレンタでひと山越えれば1時間もかか らずに太宰治ゆかりの金木駅に到着することができる。しかも、夏の立佞武多臨に秋の津軽まつり臨と、昔に比べてDL+旧客編成の出番は確実に増えつつある。そんな今だ から、流行りのフレーズをここでも言わせてもらいたい。「東北でよかった!」



【6月の表紙】

2008・06・01 大糸線 北小谷−中土 (PENTAX67 smcPENTAX165oF2.8 RVP(+1))
「五月晴れ」の「五月」というのは本来旧暦の5月のことを指し、従って梅雨の合間の晴れのことを意味するのだという。 梅雨の合間は難しいにしても、我が統計 によると、6月上旬の梅雨入り直前は例年結構な確率で晴れに恵まれている。前線以北の乾いた空気と早い日の出、夜行列車を撮るのにこれほどの好条件はない。 この日は北陸の朝三発、「北陸」「日本海」「能登」を撮りに高岡に出撃。無事目的を果たした後は、帰りがけの駄賃に当時のホームグラウンド大糸線に立ち寄っ た。北小谷の定番で構えるも普通に撮るのでは面白くない。 見ると桐だろうか、眼下の木々が白い花を付けている。いつもと違う立ち位置からペンタ165oで構図を 練って、タラコ色のキハ52を切り取ってみた。

あれから約10年、夜行列車なるものはほとんど姿を消し、貨物牽引機も国鉄色が先頭に立つことはほとんどなくなった。写欲を掻き立てる被写体もすっかりなくな った今日、せっかくの日の長い時期に我々は一体何をすればよいのだろう。朝練スクランブル体制を敷き、晴れ予報に眠れぬ夜を過ごしたあの頃が懐かしい。



トップページへ Top Page GALLERY 2016へ
Top Page GALLERY 2015へ
Top Page GALLERY 2014へ
Top Page GALLERY 2013へ
Top Page GALLERY 2012へ
Top Page GALLERY 2011へ
Top Page GALLERY 2010へ
Top Page GALLERY 2009へ
Top Page GALLERY 2008へ
Top Page GALLERY 2007へ