Top Page GALLERY 2019


【1月の表紙】

2010・01・01 内房線 上総湊−竹岡 (NikonF5 AN-INikkor500oF4ED RVP100)
2000年代後半から10年代前半にかけて、仲間4〜5人で宗谷ラッセル合宿を張って年の瀬を迎えるのが恒例になっていた。 この年も仕事納めと共に北海道に渡り、航空券の安い大 晦日に帰京。 荷解きをしながら人並みに格闘技を観て新年を迎えた。明けて元旦は関東一円快晴予報。初日の出を拝むついでに鉄初めでもしようではないか。未明の館山道を南下 し、上総湊の鉄橋を見下ろす丘に三脚を立てた。 予報通り、対岸にはみなとみらいのビル群が良く見えている。ほぼ7時に2010年最初の日差しがアングルに差し込む。間もなく下 り電車がやって来るはずだ。低い朝日に照らされた113系が東京湾に踊り出たところを、思い切って長玉で切り取ってみた。

あれから9年、国内の被写体は大きく減った。ここ3年は俗化した宗谷ラッセルにも嫌気がさして、海を越え中国の新疆ウイグル自治区で露天鉱の粉塵にまみれながら年を越して いる。 平成最後の鉄初めも、夜明け前の酷寒の中で火柱を上げる建設型の流し撮りだった。だが、彼の地の蒸機ももうそう長くはもたないらしい。果てさて次の正月は一体どこで 迎えることになるのだろう。



【2月の表紙】

2000・02・19 石北本線 下白滝−旧白滝 (NikonF4s AFNikkor80-200oF2.8 KR)
2月といえば北海道!大学時代はそんな合言葉と共に仲間数人で常紋峠を訪れるのが毎年の恒例行事になっていた。19年前の冬も、関西から新日本海フェリーで渡道し、夜行 「オホーツク」で現地入り。北見で借りたレンタカーに機材一式と寝袋を詰め込んで、過酷な冬合宿が幕を開けた。 雪深い山間部とはいえ、昨今流行の宗谷ラッセルに比べる と晴れに恵まれる機会も多かった。 この日も朝からピーカンの天気に誘われて追っ掛けを実践! 9559レの1発目を白滝発祥の地で狙う。 間もなく静寂を破ってカマの咆哮が 聞こえてきた。銀世界にシュプールを描くDD51重連の貨物列車は、氷点下の線路際でファインダーを覗く我々に一瞬で寒さを忘れさせた。

翻って現在、撮影者の視点から見た北海道の鉄路の衰退ぶりは目を覆いたくなるものがある。 数年前に江差線が廃止となり、海峡線も新幹線の開業と共に3セクに転換させら れた。現役蒸機最後の舞台だった夕張支線も間もなく歴史に幕を下ろそうとしている。 あれだけ道内各地で客貨の先頭に立っていたDD51もすっかり姿を消し、特急列車の代 名詞キハ183も大きく数を減らした。残された数少ない魅力的被写体であるはずの宗谷のラッセルも、守護神の矜持はどこへやら、最近では些細なことで運休が相次いでいると いう。試される大地、北海道。大自然の中の鉄路の輝きを、もう一度取り戻すことはできないのだろうか。



【3月の表紙】

2006・03・15 東海道本線 早川−根府川 (Mamiya645PRO SEKOR A150oF2.8 RVPF)
12年前のこの時期は、「出雲」終焉と東京口の113系の引退が迫り、チャンスを見ては石橋界隈に繰り出していた。ダイヤ改正は3月18日、「出雲」通過は6時少し前。 日の出と重なるかどうか、ギリギリの攻防が続いた。結局最終日まで日の出は列車に間に合わず、朝日を入れたシルエットは極まらなかったが、副産物として「湘南ラ イナー」回送の185系は理想的な条件で撮ることができた。塗装こそ湘南ブロック色だが、影絵にしてしまえば問題ない。平らな屋根に置かれた集中型クーラーと一段 上昇窓が“らしさ”を伝えてくれた。

あの時は“ついで”で撮ったに過ぎなかった被写体も、時とともに貴重な記録になってくる。今なお東海道線東京口で第一線を張る斜めストライプの185系は、LSE なき後、間違いなく湘南地区で最も注目される存在の一つと言えるだろう。 小田原−根府川間と区間は限られるが、 かつてのブルトレアングルを早朝に駆け上がって来 る「湘南ライナー」に鋭い朝日が射し込むようになるまであと少し。JR某のCMのように京都まで行かずとも、相模灘を背に「春はあけぼの…」を感じてみるのも悪 くない。



トップページへ Top Page GALLERY 2018へ
Top Page GALLERY 2017へ
Top Page GALLERY 2016へ
Top Page GALLERY 2015へ
Top Page GALLERY 2014へ
Top Page GALLERY 2013へ
Top Page GALLERY 2012へ
Top Page GALLERY 2011へ
Top Page GALLERY 2010へ
Top Page GALLERY 2009へ
Top Page GALLERY 2008へ
Top Page GALLERY 2007へ