Top Page GALLERY 2019


【1月の表紙】

2012・01・08 宗谷本線 音威子府駅 (NikonD700 AFNikkor20-35oF2.8 ISO640)
国鉄時代の面影を残す無骨な鉄骨に支えられた大屋根がホームを覆う。天上から吊り下げられた駅名標には「おといねっぷ」の文字。今日はこれをモチーフにして みよう。この頃から夜戦を中心に実戦投入するようになったD700に広角ズームを付け、ワイド側一杯の20oでローアングルから呷り構図を組む。深夜1時前、静寂 を破るように遠方からエンジン音が響いてきた。いよいよ冬期限定、最果て路線の主役の登場である。ナトリウム灯のオレンジの光に包まれてファインダーにDE15 が滑り込んできた。

ラッセルはここ音威子府で約30分の長時間停車。その間に列車番号は雪361から371へと変わる。駅名板と絡めて、はたまた跨線橋から望遠で…手際よく撮っていかない と発車時刻は瞬く間に迫って来る。乗務員が乗り込み、再びエンジンの鼓動が高まる。間もなく、朱い守護神は闇の中へとゆっくりと走り去って行った。夢か現か、幻 想的な雪レ劇場が終幕し、寒さでふと我に返る。モニターで成果を確認してから一息ついて夜空を見上げると、真冬のこの地には珍しく無数の星が瞬いていた。さて、 出発するか!このまま南稚内まで夜間仕業を追っ掛け、翌朝は抜海の丘に立つ。我々の過酷な雪レマラソンは、まだ往路の道半ばでなのであった。



【2月の表紙】

2010・02・14 大糸線 頸城大野−根知 (PENTAX67 smcPENTAX300oF4ED RVP50(+1))
あれから10年の時が流れた。バレンタインなどどこ吹く風、深夜の長岡で「北陸」をバルブして、日本海廻りで大糸線に入る。昨日までの冬型が緩み、天気は快晴。 そして沿線の木々という木々は、枝の先まで雪を載せて見事なまでのクリスマスツリーと化していた。 喜々として頸城大野の俯瞰でツートンを迎え撃ち、仲間一同で 雄叫びを上げる。キハの引退が迫る中、鉄の神様は最後の冬に息を呑むほどの銀世界を用意してくれたのだった。返しは線路際に降りて新雪の斜面にアタック。 雪帽 子の林を背にツートンを捉えた。光線状態が苦しい中で雪がレフ板の役割を果たし、存外シャドーが潰れず悪くない仕上がりになった。

例年なら雪国は一冬で最も深い雪に覆われているこの時期。だが、記録的暖冬の今年は、新潟などの豪雪地帯でも雪はさっぱりらしい。いつもは気温以上に肌を刺す ような冷たさを感じる東京の朝もすっかり腑抜けで、年末年始の哈密耐寒訓練はまったく意味をなしていない。 いくら被写体が減ったからと言って、冬景色までなく なっていいというものではない。決して寒いのが好きなわけではないけれど、パンチの効いた冬将軍に一度も遭遇しない2月というのはやはり寂しいものである。



トップページへ Top Page GALLERY 2019へ
Top Page GALLERY 2018へ
Top Page GALLERY 2017へ
Top Page GALLERY 2016へ
Top Page GALLERY 2015へ
Top Page GALLERY 2014へ
Top Page GALLERY 2013へ
Top Page GALLERY 2012へ
Top Page GALLERY 2011へ
Top Page GALLERY 2010へ
Top Page GALLERY 2009へ
Top Page GALLERY 2008へ
Top Page GALLERY 2007へ