Top Page GALLERY 2018


【1月の表紙】

2015・01・18 伊豆急行 川奈−富戸 (PENTAX67 smcPENTAX300oF4ED RVP50(+1))
国鉄型・国鉄色が次々と消えていく中で、逆に国鉄色に復活する名優もいる。 ただ、古くは九州の485系や475系、盛岡や新津のキハ58・52など、イベント的要素で数両 もしくは数編成が伝統のカラーリングに返り咲いた例はよくあったが、全編成が純粋にオリジナルカラーに蘇えるという例は極めて珍しい。被写体の枯渇がいよいよ深 刻になってきた今日、“ハズレ”なく斜めストライプがやってくる185系の「踊り子」は、にわかに鉄ちゃんたちの脚光を浴びるようになってきた。

この日は伊豆急100系のイベント運転をメインに伊豆半島を訪れた。 伊豆稲取の俯瞰と片瀬白田の海バックでベールブルーの単行電車を押さえた後は、ロクイチの牽く 「サロンカー踊り子」以来の名所川奈の鉄橋で185系を迎え撃つ。冬ならではの視程に恵まれ、ペンタ300で構えると、遥か伊豆大島から房総半島までが画面に入った。 ま だ全てが原色には戻っていなかったため、1本目の「踊り子109号」は157系もどきのOM08編成、2本目の110号は湘南ブロック塗装だった。次こそは!15時30分、 「踊り子117号」がトラス橋に姿を現す。来た、オリジナル塗装!堂々10連の斜めストライプが、午後の低い日差しを浴びて檜舞台に躍り出た。



【2月の表紙】

2008・02・10 只見線 会津西方−会津桧原 (PENTAX67 smcPENTAX90oF2.8 RVP50(+1))
この頃、鉄塔の袂に登る山道は全く整備などされていなかった。 道の駅に車を停め、長靴にかんじきで足元の装備を固めて一歩一歩足跡を辿りながら斜面を上がる。 時に膝まで沈む登坂は楽ではないが、雪のない時期の朝露でぬかるんだ獣道よりははるかにアプローチは容易だった。木立を抜けて周囲が開けると思わず息を呑ん だ。空の青を除くと、川面から山並みまで一面モノトーンの世界。 時が止まったかのような景色の中、アーチ橋に朝日が射し込み始めたところだった。9時を回り、 ようやく鉄橋の全体に光が回った。間もなく2連のキハがステージに現れる。いまや日本のローカル線を代表する名シーン。静寂に支配された渓谷に、ゆっくりと ジョイントを刻む音だけが響いてきた。

近年、しばらく雪国に撮影に出掛けていない。凛とした空気、全てを覆い隠した白銀の大地、普段以上に濃く高い青空など、そのシチュエーションは現地に飛び込み さえすれば写欲をそそることは間違いない。 しかし、そこにどんな車両が登場するのか…を考えたときに二の足を踏んでしまうのもまた事実。大糸・米坂・花輪線な ど豪雪地帯の山岳路線から国鉄型キハが消えて久しく、 宗谷ラッセルも俗化著しくて思うようには撮らせてもらえない。ならば、やはりこう呟かざるを得ないのか。 「そうだ、只見行こう」



【3月の表紙】

1997・03・02 根室本線 新得駅 (OLYMPUS OM−1 ZUIKO50oF1.4 RDPU)
DE重連の貨物を追い掛けて釧網本線に籠っていた20年余り前、定宿は「おおぞら」の新得返しだった。 とはいえ上下の夜行列車を乗り換える、世に云う“新得ター ン”は乗り換え時分が短いためリスクが高い。昼行最終便の12号で新得に入り、暖房の効いた待合室で仮眠してから深夜の13号で釧路に戻っていた。 人気のない待合 室は不気味でもあるが、そこは道東への大動脈根室本線、貨物のバルブには事欠かなかった。この晩もDDが牽くタキの専貨が入線。 小さい三脚と50oを付けた OM−1で、水銀灯に照らされたタンカートレインを記録する。 しばしの休息の後、ベンガラ色の凸型DLは唸りを上げて漆黒の闇に消えていった。

春まだ浅き…とはいえ、日中の日差しの角度がだいぶ“らしく”なってきた今日この頃。北日本では今後も雪との戦いがしばらく続くだろうが、南九州や房総などで は菜の花が咲き始め、新たな季節の息吹が感じられるようになる。 桜・新緑・水鏡…これから数ヶ月は景色が彩を取り戻し、鉄道歳時記を狙う者にとっては多忙な時 期となる。魅力的な車両・列車が枯渇しきった感もある中で、今年はどうやって発想を転換していけばいいだろうか。



トップページへ Top Page GALLERY 2017へ
Top Page GALLERY 2016へ
Top Page GALLERY 2015へ
Top Page GALLERY 2014へ
Top Page GALLERY 2013へ
Top Page GALLERY 2012へ
Top Page GALLERY 2011へ
Top Page GALLERY 2010へ
Top Page GALLERY 2009へ
Top Page GALLERY 2008へ
Top Page GALLERY 2007へ