Memorial GALLERY


    2018.11.17

2013.11.17 磐梯町−更科(信)
 PENTAX67 smcPENTAX300oF4ED RVP(+1)

今回は、表紙に合わせて磐西の485系のカットでいこうと思う。5年前のこの時期の週末は、紅葉の進み具合と天気を勘案して福島界隈へ展開していた。早朝に 板谷峠で落ち葉掃きのクモヤを撮り、そのまま国道115号で裏磐梯に抜けて「あいづライナー」を迎え撃つ。だが、どんなに日の出直後の庭坂が晴れていても、 磐西沿線は猪苗代湖から供給される水蒸気のせいだろうか、いつも深い霧に包まれていた。

天気が安定するのは昼近くなってから。この日も11時半の1号からようやく撮影地開始。次の4号はすっきり晴れそうだが、午後に東に向いて走るこの列車は きれいに順光で捉えるのが難しい。定番は磐梯山麓の大Ωで南に振った区間を田んぼから山バックで見上げる滝ノ原大築堤。ただ、この季節では水田が枯れて しまって絵にならない。せっかくのバリ山を活かすには…。

付近を歩き回っていると、線路端に空いたスペースを発見。ここからなら135oくらいで磐梯バックの面タテ構図が切り取れそうである。多少足場は悪いが、プ ロ4を伸ばしてセットすれば大丈夫。架線柱をかわし、山のピークを画面のセンターに持ってくる。ペンタ300で天地はギリギリ一杯。だがこれがまたカッコイ イ。アングルとビームの影落ちを考えると切り位置は非常にシビアだが、これを極めるのがバケペンユーザーの矜持である。14時半過ぎ、妥協ゼロのカツカツ構 図に、西日を浴びた特急色が飛び込んできた。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.20 2001.10.20  キハ28+53-1000 雨晴海岸   雨晴−越中国分
 No.19 2014.10.12  EF81貨物 前山ストレート   前山−二ツ井
 No.18 2014.09.23  115系 祖母島グライダー俯瞰   祖母島−小野上
 No.17 2003.09.06  キハ40・40 滝ストレート   滝−烏山
 No.16 2015.08.23  DD51「特別なトワイライトエクスプレス」 サンタマの丘   三見−玉江
 No.15 2001.08.05  EF65 1118+14系(座) 米原電留線   米原−醒ヶ井
 No.14 2010.07.18  キハ30・37 上総松丘ストレート   上総松丘−上総亀山
 No.13 2000.07.09  EF65 103 米原バルブ   米原駅
 No.12 1998.06.27  キハ52 128・58 出雲市バルブ   出雲市駅
 No.11 2004.06.04  113系 早川Sカーブ   早川−根府川
 No.10 2014.05.24  485系「あいづライナー3号」 川桁ストレート   川桁−猪苗代
 No.09 2007.05.12  島原鉄道キハ20・20 女島展望台俯瞰   加津佐−白浜海水浴場前
 No.08 2015.04.21  ED79「はまなす」 青森バルブ   青森駅
 No.07 2017.04.12  大井川鐡道21000系 大和田箱庭俯瞰   大和田−福用
 No.06 2002.03.24  小湊鐡道キハ200 月崎入線   月崎駅
 No.05 2001.03.16  EF65 501+マヤ34+EF64 1000 安中鉄橋   安中−群馬八幡
 No.04 1997.02.28  DE10重連貨物 細岡“オヤジの山”   細岡−釧路湿原
 No.03 2004.02.05  DD51重連貨物 生田原ストレート   生田原−常紋(信)
 No.02 2006.01.22  DE15 雪371レ 音威子府バルブ   音威子府駅
 No.01 2012.01.08  DE15 雪372レ 筬島鉄塔俯瞰   筬島−音威子府
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ