Memorial GALLERY


 2021.09.24

2001.09.24 河野原円心−苔縄 MamiyaM645SUPER SEKOR A200oF2.8APO RVP(+1)

9月は2回続けて20年前シリーズで行こうと思う。世界はテロ後の激動の時代に入っていたが、私自身は超氷河期下での就活をどうにか終えて 鉄優先ののどかな日々を送っていた。この日はさささ先輩と共に大阪のレヴィン氏のお世話になって智頭急詣で。朝方ミツカミのS字で「なは」 を撮ってから転戦すると、程よく上り一番の「いなば2号」からキハ181を出迎えることができる。折しも沿線は収穫シーズンの金色田んぼ。 し かも秋分の日連休で、これまた181の臨時「はくと」も運転されている。揖斐・谷汲線末期の人混みにやや食傷気味になっていたこともあり、国 鉄特急型気動車のターボサウンドを楽しむことにしたのであった。

「いなば2号」を平福−佐用の何の変哲もない緩やかなインカーブで挨拶代わりに一発撮って、今度は宮本武蔵−石井の築堤で「はくと90号」 「いなば1号」をまとめて頂く。こちらは秋の風物詩、はさ掛けが並んでいい感じだった。そして午後は本命の河野原円心の俯瞰へ向かうこと にする。午前に訪れた宮本武蔵は、江戸後期の史料によると剣豪武蔵の出身地(ただし『五輪書』では播磨の記述があるとのこと…)とされてい るし、こちら河野原円心は嘉吉の乱で室町幕府の6代将軍足利義教を暗殺したことで知られる守護大名赤松氏ゆかりの地。築堤とトンネル続き で中国山地の東端をショートカットするだけの陰陽連絡線かと思いきや、智頭急は意外に史跡に恵まれた地域を縦断しているのであった。

さて、撮影地は赤松氏にちなむ文化財を保存する宝林寺の裏手の山の上。立ち位置から千種川に沿った築堤を見下ろすと、周囲の田んぼは刈り 入れ間近の見事な黄金色に染まっていた。 以前5月に来た時と違って、バックの山肌は影となって暗く落ち、輝く稲穂のカーペットを引き立てている。最高条件に、それこそ「武者震 い」しながら三脚をセット。15時過ぎ、絶妙な斜光線を浴びて、国鉄特急色が檜舞台に躍り出た。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.17 2001.09.16  名鉄モ750形 結城の築堤   長瀬−谷汲
 No.16 2018.08.19  DB218重連 迂回EC192 オーバーシュタウフェンSカーブ   Oberstaufen−Rothenbach
 No.15 2009.08.12  113系 上総湊鉄橋俯瞰   上総湊−竹岡
 No.14 2000.07.22  113系 千代川9号線クロス   千代川−八木
 No.13 1998.07.01  DD51岡見貨物運転開始 美祢駅南端跨線橋   美祢駅
 No.12 2019.06.18  箱根登山鉄道モハ1・2形108・107・103 荏原踏切   上大平台(信)−仙人台(信)
 No.11 2018.06.10  紫陽花といすみ鉄道キハ52・28 国吉駅入線   国吉駅
 No.10 2019.05.19  ED75「津軽」 高岳山シルエット俯瞰   八郎潟−鯉川
 No.09 2011.05.08  183系「こうのとり22号」 市島ストレート   市島−黒井
 No.08 2011.04.22  小田急7000系LSE「はこね57号」 渋沢カーブ俯瞰   渋沢−新松田
 No.07 2011.04.06  DD重連臨貨 ダチョウ牧場カーブ   津川−鹿瀬
 No.06 2000.03.26  415系 杵築鉄橋菜の花畑   杵築−大神
 No.05 2000.03.05  EF58 61+“レインボー” イセコマ定番   伊勢崎−駒形
 No.04 2016.02.26  大井川鐡道21000系と16000系 千頭構内   千頭駅
 No.03 1996.02.18  クモハ12 053 大川支線ストレート   武蔵白石−大川
 No.02 2013.01.19  EF64-1000鹿島貨物 滑河オーバークロス   滑河−久住
 No.01 2001.01.07  EF58 61「EL・SLみなかみ物語号」 上野バルブ   上野駅
 No.−      Memorial Gallery 2020   
 No.−      Memorial Gallery 2019   
 No.−      Memorial Gallery 2018   
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ