Memorial GALLERY


     2017.07.17

2011.07.17 王子保−南条
 NikonF5 AF-INikkor500oF4ED RVP50(+1)

この年は、海の日連休の週末に北陸に遠征。LIBERTY氏と組んでローピンパイチの「日本海」を追った。初日は王子保−南条で横がちに撮って、すぐさま南条のスマートIC から高速に乗り、新疋田に先回り。 市橋の跨線橋でスタンダードなタテ位置カットを押さえた。その後は一休み…かと思いきや、「北越8号」に上沼垂の国鉄色が入っている ということで青海川まで大移動。さすがに終夜運転明けの我々だけでは無理なため、王子保で合流した関西−D.W先輩に便乗させていただいて北陸道を往復したのであった。

遠征2日目、今日も王子保−南条で「日本海」を迎え撃つ。前日のカットの切り位置に自信がなく、最悪パンタが串刺しになっている可能性もなきにしもあらず。今ツアーの うちに念のため再履修をしておくことにしたのだった。とはいえ、先行の貨物まで同様に撮るのでは勿体ない。線路際に寄って500oタテ顔面構図で富山パイチを待ち受ける。 緩やかな首カックンの線形ゆえ、上手い所に立てば手前にポールをかけることなく、きれいに編成が抜けるはずである。 間もなく、北陸本線らしい一直線に続く線路の向こう から2灯のライトが近づいてきた。 先頭に立つは、更新機とはいえ白帯1本、ほぼ原色の装いを保った28号機。 二面折妻のパイチの顔を絶妙に浮き立たせる斜め横からの斜光 線を受けて、高速コンテナ列車は轟音とともにファインダーの中を走り去って行った。

EF81の貨物なんて全国どこにでもありふれていると思っていた。雑誌でジョイフルトレインの運転予定をチェックしても、「PFとパイチは不要!」と見向きもしていなかっ た。 しかし、ブルトレ・ジョイトレが消え、EF510が各地に台頭した現在、冷静に考えるとEF81が定期運用を持っているのは九州エリアのみ。いよいよ国鉄王国は崩壊局面 に入ったようだ。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.12 2000.06.20  キハ58・28修学旅行臨 木津川渓谷   笠置−大河原
 No.11 2015.06.07  583系団臨 長走風穴洞俯瞰   白沢−陣場
 No.10 1999.05.31  DE10P.P+アイランドエクスプレス四国 半家俯瞰   半家−十川
 No.09 2003.05.02  キハ58・28 土佐穴内俯瞰   土佐穴内−大杉
 No.08 2010.04.30  小田急7000系LSE「はこね25号」 渋沢大俯瞰   渋沢−新松田
 No.07 1994.04.10  キハ58・28「キハ28 キハ58 さよなら列車」 笠置入線   笠置−大河原
 No.06 2012.03.26  ED76貨物 4075レ 三毛門鉄橋   三毛門−吉富
 No.05 1998.03.15  D51 498 新津機関庫   新津運輸区
 No.04 2001.02.27  419系 新疋田インカーブ   新疋田−敦賀
 No.03 2004.02.08  キハ183系「オホーツク1号」 常紋峠150kp逆アングル   金華−常紋(信)
 No.02 2000.01.29  キハ40 雨晴海岸   雨晴−越中国分
 No.01 2015.01.12  いすみ鉄道キハ28・52 正安寺ストレート   西畑−総元
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ