Memorial GALLERY


     2018.07.09

2000.07.09 米原駅
 NikonF4s AFINikkor50oF1.4 KR

長らく評判の悪かった貨物機の更新色も、一通り更新工事が終わったとのことで、最近はEF64-1000やEF65で原色に戻して検査から出場するカマが増えている。 撮影チャンスが拡大したこともあり、原色のロクゴが貨物の運用に入ると、沿線には21世紀枠の若者鉄ちゃんが殺気立った様子で多数集結するという。その姿が見飽 きるほどににありふれていたため「PF・パイチは撮るに値せず!」なんて豪語していた我々世代からすると隔世の感ありである。

だが、そんな20世紀末鉄ちゃんにも気になるロクゴはいた。客貨両用の万能機としてまだまだ八面六臂の活躍を見せるPF型の陰で、地味な貨物仕業に就く一般形 0番台のEF65である。 同じ非貫通2枚窓の顔をした初期型でも、特急色を纏った高崎のF型が趣味誌上の煽りに乗って過熱し始めていたのとは対照的に、東海道 筋で黙々と走る一般型はとりたてて被写体として注目を浴びているわけではなかった。だが、中学時代、18きっぷの乗り鉄旅行でEF65 110がヘッドマークも誇ら しげに14系座席車を率いて臨時「金星」の先頭に立つ姿を目の当たりにしてしまった私には、一般色のロクゴも十分魅力的な存在として映っていたのだった。

しかし、ネットも未発達で情報へのアクセスも容易ではなく、何より他に撮るべき被写体が全国に散在していたあの頃は、いつ来るかわからない一般色のEF65の ために1日を潰すのも勿体なく、結局狙ってこのカマを撮りに行ったことはほとんどなかった。その代わり、駅でバカ停している貨物の先頭にコイツを見かけたら 迷わずバルブ!このときも、日中名鉄谷汲線で夏景色を堪能し、その帰り掛けに米原駅で見かけた103号機にカメラを向けたのだった。引きの関係で編成は入れられ ず、顔の部分だけをこんな感じで切り取ってみた。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.12 1998.06.27  キハ52 128・58 出雲市バルブ   出雲市駅
 No.11 2004.06.04  113系 早川Sカーブ   早川−根府川
 No.10 2014.05.24  485系「あいづライナー3号」 川桁ストレート   川桁−猪苗代
 No.09 2007.05.12  島原鉄道キハ20・20 女島展望台俯瞰   加津佐−白浜海水浴場前
 No.08 2015.04.21  ED79「はまなす」 青森バルブ   青森駅
 No.07 2017.04.12  大井川鐡道21000系 大和田箱庭俯瞰   大和田−福用
 No.06 2002.03.24  小湊鐡道キハ200 月崎入線   月崎駅
 No.05 2001.03.16  EF65 501+マヤ34+EF64 1000 安中鉄橋   安中−群馬八幡
 No.04 1997.02.28  DE10重連貨物 細岡“オヤジの山”   細岡−釧路湿原
 No.03 2004.02.05  DD51重連貨物 生田原ストレート   生田原−常紋(信)
 No.02 2006.01.22  DE15 雪371レ 音威子府バルブ   音威子府駅
 No.01 2012.01.08  DE15 雪372レ 筬島鉄塔俯瞰   筬島−音威子府
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ