Memorial GALLERY


 2018.10.20

2001.10.20 雨晴−越中国分 MamiyaM645SUPER SEKOR210oF4N RVP(+1)

17年前の今日は、関西‐D.W先輩にどっか行こうやと誘われて富山界隈に出撃していた。今でこそ日本はおろか、海外の地でも撮って、飲んで、食ってと苦楽を共に させて頂いているが、当時は写真展で知り合ったばかり。雑誌のグラフをバシバシ飾る大先輩に恐縮しながら、深夜の北陸道を北上した。 狙いは氷見線の雨晴海岸を 行くキハと、立山連峰をバックに八尾の鉄橋を渡るDE10重連の神岡貨物。 天気予報は自身満々にバリ晴れを断言、それもそのはず、天気図には列島真上に堂々たる 「高」の一文字が鎮座していた。

翌朝、雨晴付近からは、富山湾を挟んで逆光に輝く神々しいまでの立山の稜線を拝むことができた。早速定番撮影地にスタンバイ。やって来る列車はワインレッドの高 岡色か転属してきた姫路色のみ。急行色もタラコもいないが、代わりに全列車が原形を留める国鉄型車両だった。 光線も落ち着いてきた8時台、カーブを切ってお立ち 台に現れたのは、キハ28と虎の子の両運転台車キハ53-1000。ご当地カラーながら、希少な車両を押さえることができた。

近年の西日本単色化計画でタラコが活躍するようになったとのことで、この秋久しぶりに氷見線を再訪してみた。 雨晴付近の国道沿いは立派な道の駅もできて、観光地 として大賑わい。このお立ち台も、背後に展望台ができ、今ではもっと高い位置から俯瞰気味に撮れるようになった。改造に改造を重ねてすっかりサイボーグのように なった西のヨンマルだが、こうして風光明媚な景色の中でタラコを堪能できると思えば、もう一度ローカル線探訪を楽しんでみるのも悪くない。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.19 2014.10.12  EF81貨物 前山ストレート   前山−二ツ井
 No.18 2014.09.23  115系 祖母島グライダー俯瞰   祖母島−小野上
 No.17 2003.09.06  キハ40・40 滝ストレート   滝−烏山
 No.16 2015.08.23  DD51「特別なトワイライトエクスプレス」 サンタマの丘   三見−玉江
 No.15 2001.08.05  EF65 1118+14系(座) 米原電留線   米原−醒ヶ井
 No.14 2010.07.18  キハ30・37 上総松丘ストレート   上総松丘−上総亀山
 No.13 2000.07.09  EF65 103 米原バルブ   米原駅
 No.12 1998.06.27  キハ52 128・58 出雲市バルブ   出雲市駅
 No.11 2004.06.04  113系 早川Sカーブ   早川−根府川
 No.10 2014.05.24  485系「あいづライナー3号」 川桁ストレート   川桁−猪苗代
 No.09 2007.05.12  島原鉄道キハ20・20 女島展望台俯瞰   加津佐−白浜海水浴場前
 No.08 2015.04.21  ED79「はまなす」 青森バルブ   青森駅
 No.07 2017.04.12  大井川鐡道21000系 大和田箱庭俯瞰   大和田−福用
 No.06 2002.03.24  小湊鐡道キハ200 月崎入線   月崎駅
 No.05 2001.03.16  EF65 501+マヤ34+EF64 1000 安中鉄橋   安中−群馬八幡
 No.04 1997.02.28  DE10重連貨物 細岡“オヤジの山”   細岡−釧路湿原
 No.03 2004.02.05  DD51重連貨物 生田原ストレート   生田原−常紋(信)
 No.02 2006.01.22  DE15 雪371レ 音威子府バルブ   音威子府駅
 No.01 2012.01.08  DE15 雪372レ 筬島鉄塔俯瞰   筬島−音威子府
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ