Memorial GALLERY


 2021.01.19

2013.01.19 滑河−久住 NikonD800 AF-SNikkor70-200oF2.8VRU ISO200

二度目の緊急事態宣言で遠征が厳しくなる中、国鉄型電機が活躍する鹿島貨物は、千葉県民にとってお散歩レベルで撮影できる貴重な存在である。現行ダイヤ でも愛知のロクヨンが先頭に立つ1095〜1094レ、新鶴見のPFが牽く1093〜1092レの2往復と十分魅力的だが、8年前までは全てロクヨンの3往復体制という今 以上に贅沢な陣容だった。春改正で受け持ちのカマが替わると聞き、この年の1月は多忙な受験関連業務の合間を縫って車で1時間余りの撮影地に足繁く通った。

この日は安定した冬型のド快晴、そのうえ3往復全て原色という、いわゆる国鉄色祭りの日。夕方から出張業務が入ってはいたが、17時にラフな格好で幕張集 合なので、鉄活動の後でも余裕で間に合うはずである。日の出直後の神々しい光線で 北浦橋梁の77レを頂戴し、下総神崎に取って返して続行の71レを撮影。次なる被写体は昼前に鹿島サッカースタジアムを出る72レである。今は設定されな くなってしまったこの時間帯のスジは、特に陽の低い冬場だと、滑河のオーバークロスで撮るのにピッタリだった。

かつて183系「あやめ」の撮影で訪れた道路橋に67とデジをセット。現在ならパニック必至のネタと条件っだが、この日は僅か数人で立ち位置を独占できた。 12時直前に、コキ5両の可愛らしい編成がファインダーに登場。67はうっかりパンタを抜き損ねたが、当時最高画素機だったD800でバッチリ仕留めることが できた。ところで、デジを本格的に使い始めて間がなかったあの頃はどうも露出の勘どころがわかっていなかったようで、振り返るとやたらとアンダーなカット が多い。通りで色味もおかしいわけだ。幸い現像ソフトも充実してきたし、自粛ムードの中Stay Homeしながら再現像してみたのが今回のカットである。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.01 2001.01.07  EF58 61「EL・SLみなかみ物語号」   上野駅
 No.−      Memorial Gallery 2020   
 No.−      Memorial Gallery 2019   
 No.−      Memorial Gallery 2018   
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ