Memorial GALLERY


 2018.08.05

2001.08.05 米原−醒ヶ井 MamiyaM645SUPER SEKOR A150oF2.8 RVP(+1)

最近貨物機の原色復帰が話題になっている。何でも、機関更新が全部終わって今さら塗色で識別しなくてもよくなったからだとか。線路際でカメラを構える我々としては ありがたいことではあるのだが、そもそも〇〇号機は機関更新済なんていう情報は現場で共有していて当たり前で、わざわざ色まで塗り替えてクドいくらいにに強調して おく意味は如何ほどあったのだろうか。更新色ばかりになって被写体の体をなさないまま消えていった幾多のカマの無念さを感じないでもない。

さて、そんな近年脚光を浴びている機関車の一つ、EF65のPF型が今回のお題。この日は●ヤ情誌によると、東京から遠路はるばる14系座席車が下って来ることになって いた。事前に入手した情報では、カマはレインボーカラーの1118号機とのこと。twitterなどという便利なものもない時代、どこまで本当かはわからないが、赤い機関車が 先頭ならさして珍しくもないPF&14系でもそれなりに話のネタにはなるだろう。午前中智頭急で「はくと」を撮った後、夜のバイト前の一仕業として新快速で米原に向か った。

東海道西部のハイライトは間違いなく関ケ原越えの区間だが、午後の下りはなかなか場所の選定が難しい。無難なところで米原駅の東側、電留線脇の上下線が分かれている 所に腰を落ち着けた。門型ポールとはいえスパンが広くパンタは余裕で抜ける。手前の田んぼも美しく、風景的にも合格点。だが、他には大学の後輩OK9氏とあと数名の み。実に平和である。15時過ぎ、無難に本命を撮影。現在だったら殺気が漂うような被写体も、20年近く前は至極当たり前の存在だったのであった。

 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
 No.14 2010.07.18  キハ30・37 上総松丘ストレート   上総松丘−上総亀山
 No.13 2000.07.09  EF65 103 米原バルブ   米原駅
 No.12 1998.06.27  キハ52 128・58 出雲市バルブ   出雲市駅
 No.11 2004.06.04  113系 早川Sカーブ   早川−根府川
 No.10 2014.05.24  485系「あいづライナー3号」 川桁ストレート   川桁−猪苗代
 No.09 2007.05.12  島原鉄道キハ20・20 女島展望台俯瞰   加津佐−白浜海水浴場前
 No.08 2015.04.21  ED79「はまなす」 青森バルブ   青森駅
 No.07 2017.04.12  大井川鐡道21000系 大和田箱庭俯瞰   大和田−福用
 No.06 2002.03.24  小湊鐡道キハ200 月崎入線   月崎駅
 No.05 2001.03.16  EF65 501+マヤ34+EF64 1000 安中鉄橋   安中−群馬八幡
 No.04 1997.02.28  DE10重連貨物 細岡“オヤジの山”   細岡−釧路湿原
 No.03 2004.02.05  DD51重連貨物 生田原ストレート   生田原−常紋(信)
 No.02 2006.01.22  DE15 雪371レ 音威子府バルブ   音威子府駅
 No.01 2012.01.08  DE15 雪372レ 筬島鉄塔俯瞰   筬島−音威子府
 No.−      Memorial Gallery 2017   
 No.−      Memorial Gallery 2016   
 No.−      Memorial Gallery 2015   
 No.−      Memorial Gallery 2014   
 No.−      Memorial Gallery 2013   
 No.−      Memorial Gallery 2012   
 No.−      Memorial Gallery 2011   
 No.−      Memorial Gallery 2010   
 No.−      Memorial Gallery 2009   
 No.−      Memorial Gallery 2008   
 No.−      Memorial Gallery 2007   



トップページへ