撮影日記-新作公開-




















































NO. 500
DATE 03.23
500.哈密三道嶺 建設型 噴火 八二カーブ俯瞰 
2019.01.01 八二-坑口 NikonD5 AF-SNikkor85㎜F1.8 ISO32000
  例年通り、大晦日は恙なく年内の業務を終えるために炭礦は夕方で店じまい。我々も日没後まで粘る必要はな
 く、早々に火鍋と白酒で大宴会となった。アルコール度数50%超の白酒でへべれけになり、気付けば暦は2019年。
 だが年越しの記憶は曖昧で、ホテルに帰るとシャワーだけ浴びてすぐに布団に潜り込んだ。
  翌朝、元日は朝一の職員輸送列車の噴火から始まる。何となく前夜の酒が残っているようなボンヤリした頭で氷
 点下17度のお立ち台に立つ。1年ぶりの真暗闇での撮影で心と機材の準備に手間取るうち、下ったばかりのカマ
 が早々に折り返してきた。今年から通勤列車の運行形態が変わったらしく、坑口駅にて出勤する職員を拾い、隣の
 八二駅でシフト交替をして、転線しないまま逆走で東剥離に帰って来るとのこと。通りでターンが早いわけである。
 腹を括らぬうちに現れた火を吐く機関車に、半ば酔拳状態でカメラを振る。当然ほとんどシンクロせずに撃沈。 最
 近の流行で言えば、「ボーっと撮ってんじゃねーよ!」と5歳のおかっぱ少女に罵倒されるところである。だが、これ
 で自分の中のスイッチが入ったのもまた事実。日中北線を中心に回った後、リベンジを誓って夜の部を迎えた。
  厳密なピント合わせのために、暗くなる前から立ち位置に陣取る。D5はISO32000に上げて機関車を止め、D850
 はISO16000で流す。この2台切りのために本番の三脚とは別に小型のカーボン三脚も持参した。今度こそ準備は
 万端である。後はカマが火の粉を噴き上げてくれるかにかかっている。祈るような気持ちで列車を待った。
  すっかり夜の帳が降りた頃、遠方からドラフト音が聞こえてきた。直線に入ると、歯切れのいいリズムと共にオレ
 ンジの光が浮かび上がる。来た!壮大な噴火を見せながら、機関車はゆっくりと眼下のカーブに差し掛かった。



 No. 撮影年月日 被   写   体    撮 影 区 間
  -      撮影日記-新作公開- 2018   
  -      撮影日記-新作公開- 2017   
  -      撮影日記-新作公開- 2016   
  -      撮影日記-新作公開- 2015   
  -      撮影日記-新作公開- 2014   
  -      撮影日記-新作公開- 2013   
  -      撮影日記-新作公開- 2012   
  -      撮影日記-新作公開- 2011   
  -      撮影日記-新作公開- 2010   
  -      撮影日記-新作公開- 2009   
  -      撮影日記-新作公開- 2008   
  -      撮影日記-新作公開- 2007   



トップページへ