Memorial GALLERY


 2013.11.28

2001.11.28 加太−中在家(信) MamiyaM645SUPER SEKOR A150oF2.8 RVP(+1)

今月は後半もジョイフルトレインで攻めようと思う。10年ほど前まで各地で走っていた客車ジョイトレ最大の魅力は、普段取り立てて目立った被写体もな いローカル線にカマが入線することだった。前回も書いたが本線系のPF・パイチは眼中になく、ターゲットはDDもしくはDEが引く非電化限定。 関西 エリアでいえば山陰・小浜や加太に目を光らせていた。この日は、亀山を朝早くに出るいつものスジでワカ座の臨が加太越え。就活も終わった暇な学生は、 フラッと学校を自主休講して始発列車の客になった。

さすがに平日だけあって人出は少ない。同業者は、柘植から乗り換えた関西線の亀山行きでバッタリ会った同じ大学の後輩、OK9氏くらいだった。いつも は狭いお立ち台も、今日ばかりは場所を選びたい放題。普段は一番に埋まる低めのステージに堂々と三脚を立てた。バックの色付いた紅葉を入れて、マミヤ は150oでアングルピタリ。保存性重視でKRを詰めたF4、発色重視でE100VSを詰めたOMと計3丁切りで今日の主役を頂戴した。

ふと見返すと、1999年の同時期にはここでキヤ検 を撮っている。 それから僅か2年で急行「かすが」が姿を消した。そして、ワカ座撮影から今年で干支が一回り。世の中から客車なるものが次々と消え 去り、残るジョイトレは大サロくらいになった。だからこそ、ご本尊が動けばPFだろうとパイチだろうと所構わず大混雑。世も末である。絶景アングルにカ マの雄姿を思い描き、「だんりん」という響きに心躍らせた日々は、もはや遠い過去のものになりつつあるようだ。



Memorial GALLERYへ