撮影日記−新作公開−




















































NO. 530
DATE 10.29
530.キハ47・47「只見線夏休み号」 第一鉄橋俯瞰 
2019.08.03 只見線 会津西方−会津桧原 NikonD850 AFNikkor85oF1.8G ISO200
  この夏、只見線若松口でタラコが走る!期末試験の成績処理から夏期講習とバタバタし過ぎてすっかりネタチェ
 ックも疎かになっていた時に、チバラギ氏からの連絡で情報を知り、さっそく共同作戦を誓った。だが、この夏の多
 忙感は半端なかった。月〜土曜は連日講習、合間の日曜は快進撃を続ける高校野球の応援に出撃し、スタンドか
 らサンニッパを振り回した。講習翌日からは今度は部活の合宿で、生徒を引き連れ炎天下の関西城跡巡り。さすが
 に昨今の“ブラック教員”報道のお蔭で揶揄されることはなくなったけれど、未だに「先生ってのは夏休みが長くてい
 いねぇ」などと抜かす輩がいようものなら思わずシバいてしまうところである(笑)。で、そんな合宿から帰ったその日
 の晩にチバラギ氏と合流し、東北道を北上。白川中央からR294に抜けて、奥会津の地に乗り込んだのだった。




















































NO. 530
DATE 10.29
 
  早朝の道の駅みしまには、見知ったメンバーの車がちらほら。雲多めだった空に晴れ間が広がってきたのを確認
 し、みんなで立ち位置に上がった。 近年登り口が整備されたこともあって、第一橋梁俯瞰は鉄ちゃん以外にも単な
 るカメラ男子・女子や一般観光客が足を踏み入れる本当の「お立ち台」になってしまった。 今日も、明らかにガチな
 鉄ではなかろうと思われるチャラチャラした金髪の若者が、男女連れ立って手持ちで構えつつ「ちょっとピーカン過
 ぎるよね〜」などと宣い出す始末。バリ晴れ狙いの鉄写真に晴れて晴れ過ぎることはない。 曇ってしまったらどな
 いするんじゃ!と説教の一つもかましたくなるのであった。
  ヌルいチャラ男どもから距離を置いて、我々は最上段に陣を張る。ちょうど木陰で待機するにも好都合。D850に
 85oでタテ、D800に105oでヨコ、2台をセットして定期列車で予行演習。準備は万端である。ただ、10時半を回っ
 て川面に風が出てきたようだ。朝から出続けていた水鏡が急に揺らぎ始める。うむむ、コイツが出ると出ないとでは
 構図の締まり具合が大違い。頼む…。通過直前、一同の願いが通じたか風はピタリとやみ、水面に再び鏡写しの
 アーチ橋の姿が戻ってきた。いける!間もなくタイフォン一声、檜舞台にタラコ色のキハ47がゆっくりと登場した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





撮影日記トップへ