鉄路百景 撮影日記468 撮影日記-新作公開-




















































NO. 468
DATE 06.26
468.小田急7000系LSE「はこね84号」 座間の桜並木流し 
2018.03.31 小田急小田原線 座間-相武台前 NikonD5 AFDCNikkor105㎜F2 ISO200
  29日に平日の訓練運転でいすみのキハ&桜を押さえたので、この日は心置きなくこれで見納めとなるLSEと桜
 の組み合わせを求めて小田急沿線に出掛けた。撮影地は色々と思案したが、鉄ちゃん仲間の諸兄に聞くとやはり
 王道の座間の桜並木が間違いないだろうとのこと。横浜町田で東名を降り、現地に向かった。
  まずは定番の立ち位置に場所取りを施してから、午前中は東側から桜を絡めて「はこね1号・4号」を狙う。 花は
 見頃、LSEの運用が週末限定であることを考えると、今日が最後にして最高のチャンスであることは間違いないは
 ずだ。光線は難しかったが、まずは花を強調する構図で2カット美味しく頂戴した。
  次はいよいよ定番の編成撮り。8年前にも一度撮ったとはいえド満開の銀縁LSEはこれが初。近年フェンスが立
 てられて撮りづらくはなったが、ハスキー全開で余裕のセッティング。先行電で影を踏まないギリギリのシャッターチ
 ャンスを探りながら、実に5時間ものインターバルを過ごす。昼を過ぎて徐々に光線が良くなってきた。影の位置も
 次第にいい方にズレてきた。だが、ダイヤのパターンも変わってきたのか、1本前のロマンスカーが初めて上り普電
 と被った。この時点で少し嫌な予感はしたのだが、悩んでどうにかなるものでもない。腹を括って列車を待つ。そし
 て…ファインダーにバーミリオンオレンジを捉えた瞬間、背後からの急行新宿行きによって長時間待ち続けた苦労
 は一瞬にして木端微塵に打ち砕かれたのであった。辺りがお通夜のような雰囲気に包まれたのは言うまでもない。
  あまりに悔しいので、最後の返しを道路から流しで狙う。影が迫りつつある中、普電で練習するも全てブレブレ。
 しかし、本番に強い、いや本番にしか強くない私は、最後の最後でLSEだけピタリと止めてカメラを振り抜いた。





撮影日記トップへ