撮影日記-新作公開-




















































NO. 423
DATE 06.11
423.芭石鉄路 C2型普通列車 段家湾カーブ 
2017.03.20 蜜蜂岩-菜子坝 NikonD5 AF-SNikkor85㎜F1.8G ISO400
  最終日は、朝一の普通列車を1発だけ撮って撤収することになっている。6時前に目覚めると、夜半の雨はすっ
 かり止んで明け方の空に下弦の月が輝いていた。もしやこれ、晴れてしまうのではないか!? ただ、最も東側が
 開けている段家湾でも一番列車で日が当たるかはかなり怪しい。 期待薄とは思いながら、D5に85㎜1本で朝飯
 前の一仕業に出掛けた。
  上空は澄んだ空が広がっているものの、雨上がりだけあってアングル内には朝靄がかかっていた。東の方向に
 はいまだ雲が残っており、エロ光線への期待は完全に消える。ならば適度に靄が漂うくらいの方が深山幽谷の雰
 囲気が出て良いだろう。前日、たなびく煙を画面内に入れきれなかった反省から、左多めの構図でカメラをセット。
 昼間の喧騒が嘘のような、がらんとしたお立ち台を我々だけで占拠する。 しばらくすると屋台を広げるおばちゃん
 たちがやって来て、世間話に花を咲かせながら仕込みを始めた。放し飼い?の鶏もコッコーと鳴き始める。間もな
 く、ブラスト音が山間に響いた。せわしなく刻まれる独特のリズムとともに、芭石らしからぬ煙をたなびかせてC2型
 が登場。昨日、一昨日に比べると花のボリュームが減ったとはいえ、まだまだ絵になる黄色の絨毯の間を縫うよう
 に上ってくる姿に、D5の連写全開でシャッターを切った。
  陳先生宅で朝食を摂って、四川省の奥地を後にする。大仏で有名な楽山の高速鉄道の駅まで送ってもらい、和
 諧号で成都双流空港へ。今日の四川省は普段あり得ないくらいのドバリ晴れであった。後ろ髪は引かれっ放しだっ
 たが、また次回訪れる口実ができたと考えて出国手続きを終え、成田行きのCA0459便に乗り込んだのだった。





撮影日記トップへ