撮影日記−新作公開−




















































NO. 311
DATE 11.19
311.C11 207「SLニセコ」 倶知安峠200kp
2014.10.18 函館本線 小沢−倶知安 PENTAX67 smcPENTAX300oF4ED RVP50(+1)
  海線のブルトレの後は、これまた今シーズンがラストということで盛り上がりを見せている山線の「SLニセコ号」に
 転戦。昨今のSLに付きものの看板はいただけないが、紅葉がピークを迎えた稲穂峠や倶知安峠に旧客使用の客
 車列車とくれば十分贅沢な被写体である。できることなら稲穂峠まで迎えに行きたいと、ナビの示したダートの林道
 を強気に攻めて後志に抜けた。倶知安を過ぎると時計と睨めっこ。ハンドルを握りながら、頭をフル回転させて撮影
 地候補を吟味する。と、突然目の前に黒山の人だかりが出現した。これが人気の200kpか! ここ連日満員御礼札
 止め状態と聞いていたが、今日はまだ何とか隙間を探れば入れそうな雰囲気。 何より黄色く色付いた木々が美し
 い。さらに奥地へ…という色気は捨てて、この場所に落ち着くことにした。
  猫の目天気が治まり晴れ間が広がるにつれて、木の影が気になり始めた。日の当たる部分までカマを引っ張る
 とアングルがかなり苦しい。初めはペンタ75oで構えてみたがどうにもしっくりせず周囲を吟味。と、奥のカーブに
 一瞬日が差し込むポイントを発見した。右手の紅葉もいいではないか!前列の鉄集団をハイアングルでかわし、
 ペンタ300でスタンバイOK。間もなく、山間に響く汽笛が微かに耳に届いた。レリーズを握る手に力が入る。そして
 ブラスト音を轟かせながら現れた2つ目C11の顔に秋の低い日が差し込んだ瞬間、右手の指先に力を込めた。





撮影日記トップへ