撮影日記−新作公開−




















































NO. 295
DATE 07.11
295.115系 樽沢トンネル俯瞰
2013.05.11 吾妻線 川原湯温泉−岩島 PENTAX67 smcPENTAX300oF4ED RVP50(+1)
  2日間にわたって繰り広げられる富山地鉄のイベント。しかし、日曜午後から仕事の私は、常願寺川橋梁で日没
 まで撮って泣く泣く撤収となった。といっても、終夜運転で走ってきて昼間撮影し、そのままターンするのは体力的
 に無理。しかも明日は今日以上に天気が良いらしい。出勤前の午前中をうまく使えないか考えた結果、新緑の吾
 妻に寄って行くことにした。上信越道を上田菅平で降りて鳥居峠を越えれば、大前までは40qもない。途中で適当
 にマルヨしても朝の電車には間に合うはずである。
  糸魚川の先の蓮台寺PAで早々に仮眠をとり、深夜2時にリスタート。上田菅平から長野・群馬県境の山道を登
 るうちに夜が明けてきた。今日もすっきりクリアーなドバリ晴れ。眩い朝日を浴びながら鳥居峠のヘアピンを抜け、




















































NO. 295
DATE 07.11
 
 予定通り一番列車の前に俯瞰ポイントの入口に着いた。
  俯瞰用に放り込んでおいた空のザックに必要な機材を詰め込み、斜面にアタック。 昨秋紅葉で極めた写真の新
 緑バージョンを押さえようと、同じ立ち位置に陣取った。だが、1本目はカツく線路にまで日が回らず見る鉄。2本目
 はトンネル付近がまだ影の中だったため、ペンタ200で手前に引きつけて1カット。 107系を1本はさんで、8時の上
 りが本命である。ペンタ400ヨコと300タテのバケ2台切り体制を敷いて待った。静寂を破るように山間にモーター音
 が響いてきたのを確認してフィルムを巻き上げる。さぁ来い!絶妙の位置で湘南色の3連を切り取った。
  後に、このアングルにさらなる上段があることを知った。高圧線が邪魔になるかと思いきや、それもかわして広め
 のレンズで山のピークまで入れられるのだという。何てこったい…己のリサーチ力不足を嘆くばかりである。今年の
 秋には八ッ場ダム建設に伴う新線への切り替えが行われるという。後悔先に立たず、この場所で再び新緑の中を
 行く115系を眺めることはもう叶わない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





撮影日記トップへ