撮影日記−新作公開−




















































NO. 16
DATE 03.04
16.ED76「あかつき」記念列車 肥前古賀コンクリ橋
2008.03.01 長崎本線 肥前古賀−市布 NikonF5 AF-SNikkor300oF2.8ED RVP100
  いよいよ3月改正まであと10日。今回も「なはつき」「銀河」「日本海2・3号」「北斗星1・4号」とブルトレの廃止が相
 次ぎ、我々撮り鉄も最後の見納めに忙殺されている。ただ私の場合、上記列車のうち「銀河」と「北斗星」はとりあ
 えずは押さえてある。「日本海」も本当は小砂川でもう一つ極めたいアングルがあったが、時期的に日が当たらな
 いので諦めた。問題は「なはつき」である。両列車が単独運転だった頃はそれなりに撮っていたものの、併結され
 てからはロクにシャッターも切っていない。ボチボチ九州でも行くかぁ…と思っていた矢先、突如チバラギ氏から入
 電。曰く「現在鹿児島本線に潜伏中。たぶん晴れる!参戦を待っている!!」。そういえば、1日には諫早往復の「あ
 かつき」記念列車も走るんだっけ。周囲ではDD149001氏が金曜最終のスターフライヤーで北九州入りするとのこ




















































NO. 16
DATE 03.04
 
 と。ええい、行ってしまえ!! 迷うこと3秒、気付けば北九州行きのチケット購入をクリックしてしまっていた。
  金曜深夜の羽田空港でDD149001氏と合流し、北九州にワープ。空港からは乗合いタクシーで博多に出て、レン
 タカーで長崎方面へ向かう。未明には道の駅鹿島で待つチバラギ氏の元に到着した。日本って意外に狭いねぇ!
 その日の「あかつき」は定番破瀬の浦で撮影。しかしポールの影がかわせず撃沈した…。勝負は記念列車に持越
 しである。定番現川のコンクリ橋は鉄集団の襲来が地主の逆鱗に触れたらしく立入り厳禁。ならばと我々はNEWア
 ングルを探し、肥前古賀−市布のコンクリ橋に陣取った。天気はバリ晴れ。アングルもバッチリ。早くも勝利を確信
 する。13時10分、軽い汽笛と共にトンネルを飛び出してきた赤いカマに全開でモードラを回した。単独時代の看板
 を掲げた真紅のナナロク。定時だとなかなか正面に日が当たらない列車なだけに、貴重な光線状態で極めること
 ができた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





撮影日記トップへ