撮影日記−新作公開−




















































NO. 8
DATE 12.18
8.キハ52 115 サファリパーク俯瞰
2007.11.25 大糸線 平岩−小滝 PENTAX67 smcPENTAX90oF2.8 RVP100
  今年の大糸線はGW明けから開通50周年のHMが全車に装着され、夏の間は全く被写体としての体をなしてい
 なかった。看板がなくなり、撮影が解禁されたのが11月中旬。去年に引き続き、今年も11月25日に紅葉狙いで大
 糸線を訪れた。深夜出発で中央道を爆走(登坂車線でMAX 90q/h)。途中の諏訪湖SAでコーヒーを買った。と、
 自販機に占いがついており、曰く「今日は意外な人と意外なところで出会う1日になるでしょう」。おっ、俯瞰ポイント
 に素敵なおねーさんでも現れるか!? ちょっと期待しながらハンドルを握り、未明に北小谷の道の駅に到着した。
  まずは予定通りにコサカミ氏と合流。朝一は頸城大野の俯瞰で構えた。他に鉄はなし。2発目は小滝の国道トン
 ネル上の斜面へ。ここも我々2人だけ。なぁんだ、占いも当たらねぇなぁ。しかし…3発目、小滝の大俯瞰の入口で




















































NO. 8
DATE 12.18
 
 凍結した坂道に苦戦するレンタが1台。よく見ると各地で遭遇するキロラー氏であった。4発目、平岩のサファリパ
 ークでは、土●ナンバーのインサイトを発見。これはもしや…。立ち位置では鹿島鉄道でお世話になった五番線氏
 がタバコを燻らせていた。うっすら雪化粧に紅葉という絶妙のコラボ。山頂の冠雪を入れたかったので、広めにペ
 ンタ90で構える。色づきは去年に比して今一歩だったが、まぁ納得の条件でツートンのキハ52 115を頂戴した。
  午後はスカ色メインなので適当に撮り、最後は頸城大野の駅でスナップ。と、レンタで現れたのは因美線氏。うー
 ん、素敵なおねーさんには逢わなかったが、濃ゆい鉄な方々とはよく出会った1日であった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





撮影日記トップへ