撮影日記−新作公開−




















































NO. 7
DATE 12.07
7.茨城交通キハ205 溜池踏切
2007.11.04 茨城交通湊線 中根−金上 NikonF5 AF-SNikkor300oF2.8ED RVP100
  前回の田子倉の翌日は水郡線の“ゆとり”を仕留めに出撃。★氏・エヌワキ氏はそのまま東北本線まで追っ掛け
 て75牽引までやるとのことだったが、教育実習&仕事で明治期の女工並み(某日本史講師談)の激務な日々が続
 いていた私はヘタれてしまい、水郡の後は大人しく茨交にやって来た。
  しかし、季節は11月、すでに田んぼは刈り取られて表情に乏しく、かといって紅葉にはまだ早い。はて、どうしたも
 のかと頭をひねり、素直に顔面撮りで勝負することにした。レンズはここぞという時の伝家の宝刀サンニッパ!足
 元から次第に伸びる木の陰を気にしつつ、ファインダーを注視。やがて踏切が鳴ると、カーブの向こうからツートン
 カラーのキハ205が現れる。晩秋の低い光線に国鉄スタイルが美しく浮かび上がった。




















































NO. 7
DATE 12.07
 
  年末が近づいて、ふと一年を振り返ると、今年は実によくキハ20系列を撮ったものだった。大糸・盛岡・島原、そ
 して茨交…。67などスリーブ1本全てブタ鼻ツートンということもあった。だが、11月下旬に山田・岩泉の52が陥落。
 茨交も再来年には三セクへの転換が行われるという。キハ20三昧の鉄活動はいつまで続けることができるのだろ
 うか…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





撮影日記トップへ