Memorial GALLERY


     2021.12.27

2019.12.27 青部駅
 NikonD5 AF-SNikkor300oF2.8VR ISO200

冬といえば雪景色!だが、銀世界になるということはそれだけ雪の降る日が多いわけで、悪天候に悩まされるリスクも大きい。かといって晴天優先で太平洋側をうろつくと 風景は全て枯れ模様。やるなら景色は極力カットして、低い光線を活かしたアップ撮りがメインになる。 ところがどっこい、昨今車両自体をガッツリ撮りたいと思えるオイ シイ被写体がすっかりなくなってしまった。国鉄型、中でも編成で撮り応えのあった特急型・急行型は全滅。キハ40などの一般型も悪くはないが、ローカル線が似合う車両 だけに、顔だけパンパンで撮るのはイマイチ面白みに欠ける。こうなれば頼みの綱は、都落ちした名車を生き永らえさせている地方私鉄しかない。この年はEL牽引の「か わね路号」と絡めてよく大井川鐵道に通った。

陽の短い時期ならではのポイントが、下り二番電車の青部進入。 影に沈む山を背に、トンネルを抜けてきた列車が朝日に照らされて浮かび上がる。車両だけに徹した写真を 撮るならバッチリの場所である。未明に島田金谷ICを降り、運用の確認もしないままここに滑り込んで三脚を立てた。レンズは300o、動体予測と連写で勝負である。ズー ムカーよ来い!願を掛けながら待つこと10分余り、トンネルから腰位置の2灯ライトが見えてきた。

「東急かよ!」銀色マスクが日の光を浴びた瞬間ガッカリである。最もハズレのくじを引いてしまった。一応シャッターだけ切って恨めしく列車を見送ったのだった。が… モニター画像をよくよく見ると、赤帯が消されて登場時の顔になった7200系、なかなかのイケメンではないか!ダイヤモンドカットと呼ばれたゲンコツ顔にステンレスの 輝きが渋さを加える。日常目にする味気ないステンレス電車には全く興味がわかないが、コイツ(とEF81 300)だけは別格だと感じた。年輪というものの重みを侮ってはい けないようである。



Memorial GALLERYへ