Memorial GALLERY


 2021.11.16

2019.11.16 抜里−川根温泉笹間渡 NikonD850 AF-SNikkor70-200oF2.8E FL ISO200

この秋、密かに注目しているのが大井川鐵道のEL客レである。今月中旬から1往復、下旬からはSLの点検・整備に伴い2往復がEL牽引となる。春の「さくら号」 は家山折り返しだったが、千頭まで行くならズームカーの撮影で目星をつけたポイントが活きてくる。晩秋から初冬にかけての低い光線で電機と旧客の組み合わせとい うのは何とも渋くて楽しみである。ただ、先週出撃したマダラン星人氏とらるご氏のコンビによると、カマは西武のE34だったとのこと。まぁ「かわね路号」まで代走 になれば長編成対応のE10が出てくると信じたいところである。

さて、同様のEL代走が話題になったのが2年前の同じ時期。このときも1往復のみ電機だった11月は、西武ガマが2両の客車を率いて先頭に立った。往路は午前に下 るスジだったので第一鉄橋を真横から俯瞰した。復路は、4日前に訪問した時は、まずはE851譲りの西武顔を真面目に撮ろうと抜里の駅先端から850o相当でブチ抜い た。だが、さすがに今日も同じでは芸がない。霜よけの送風ファンの処理が難しいが、駅手前の直線を茶畑を絡めて切り取ることにした。

15時20分少し前、鉄橋を渡る音が響いてくると間もなくである。茶畑の中をおもちゃのような編成がトコトコとやって来た。送風ファンは1本だけ隠し切れない。パン タの後ろならまぁいいか!とシャッターを切った。今思うと抜里駅の家山寄りの茶畑の方が背後もスッキリ、架線柱も奥側で良かったのではないかと思うが、今さら悔 いても仕方ない。月末の2往復体制はどこで仕留めようか、今からあれこれ吟味するのも楽しいものである。



Memorial GALLERYへ