Memorial GALLERY


 2021.09.16

2001.09.16 長瀬−谷汲 NikonF4s AFNikkor80-200oF2.8 KR

今月で9・11同時多発テロから20年が経った。その10年後の2011年は東日本大震災、逆に10年前1991年はソ連崩壊。世界では日々様々な事象が起きているので恣意的 な切り取りに過ぎないと言われてしまえばそれまでだが、こう並べると我々の価値観を揺るがせる出来事が10年単位で生じているようにも見える。それでは2021年は ? と考えると、昨年来2年がかりになっているコロナ・パンデミックかと思っていたら、テロから20年のタイミングでアフガニスタンにタリバン政権が復活した。 冷戦構造が動揺・崩壊する一つの要因に「アメリカにとってのベトナム、ソ連にとってのアフガン」(アメリカは1965年からのベトナム戦争介入と失敗で威信が失墜 し、ソ連は1979年からのアフガニスタン侵攻が泥沼化して崩壊につながった)があるが、アフガンはアメリカにとっても鬼門だったようである。

世界の動きから目を転じて自らの活動を振り返ると、20年前の9月11日はバイト先の高速バス待合室のTVで飛行機がWTCビルに突入するのを目の当たりにし、そ の晩は仕事を終えて帰ってからも一晩中ニュース速報を見続けた。 次の日の朝刊は一面ぶち抜きのテロ報道。学生の身ながら大変なことになったと思った。しかし、 不思議なことにそれから数日後、私はこれまでと変わらず平然と線路際に三脚を立てていた。それはそれ、これはこれ。目の前では大学1回生の冬から通ってきた名 鉄谷汲線が廃止を目前に控えている。西美濃の地に足を向かないわけにはいかなかった。

9月も半ばになると、俄かに日暮れの早さを感じるようになる。15時を回り、西日が低く当たりを照らすようになった。結城の築堤で下り電車の面ギラリを狙おう。赤 の発色が渋いコダクロームを装填したF4sに80-200oズームのテレ側一杯で勾配に挑む築堤を強調。間もなく遠方から吊掛モーターの唸りが響いてきた。アメリカの報 復宣言、国連安保理での集団的自衛権発動決議…世界が混沌に向かっていたあの頃、それでも600Vの里には変わらぬ日常の時間が流れていた。



Memorial GALLERYへ