Memorial GALLERY


     2021.06.18

2019.06.18 上大平台(信)−仙人台(信)
 NikonD5 AFNikkor180oF2.8 ISO200

ブルトレの時代から、なんで初夏の梅雨入り前や梅雨の中休みに積極的に“攻め”の撮影を行ってこなかったのか…と過去作を振り返っては後悔していた。 しかし、喉元過ぎると熱さを忘れるだけで、毎年いざこの時期になってみると、とにかく仕事が忙しい!休みの日といえど授業準備やらその他雑務で24時間 フリーハンドというのがなかなか難しいのである。だからこそ、ヒット・アンド・アウェイで早朝1発極めたら新幹線で直帰できる「はまなす」や高速を飛 ばせば昼前には一般人に戻れる首都圏近郊の朝練はそれなりに撮れたが、道南ブルトレはなかなか撮りきれず、未だに悔いが残っている。

そしてブルトレ全廃後、朝だけで終わる都合の良い被写体がなくなった分、ますますピンポイントの出撃先は関東一円に絞られることになった。3年前まで は1日で何往復も撮れるいすみのキハ、近年は箱根登山鉄道がお気に入り。箱根登山は晴れればこの時期しか陽が射し込まない場所を狙えるし、小雨模様で も6月下旬から見頃を迎える紫陽花が良い雰囲気。他に鉄ちゃんもあまりおらず、残り僅かとなった旧型電車をのんびり狙えるのがありがたい。

この日は梅雨シーズン真っただ中というのに関東一円晴れ予報。 前から目をつけていたポイントに朝一から乗り込んで電車を待った。正直、SNSから入る断片 的な情報以外は旧型車の運用を掴む術はなく、来るかどうかは運次第。ダメなら「踊り子」にでも逃げるしかない。と、7時頃に強羅に行くスジで旧型が上が っていった。これならそう陽が高くならないうちに折り返してくるはずである。8時前、釣掛車独特のモーター音を響かせて、箱根のヌシがゆっくりと山を下 りてきた。



Memorial GALLERYへ