Memorial GALLERY


 2021.06.10

2018.06.10 国吉駅 NikonD800 AF-SNikkor70-200oF2.8VRU ISO200

露出も稼げないそぼ降る雨の中、自分もカメラも濡れながら列車を待つのは非常に辛い。特にフィルム時代には露出は死活問題で、ベルビア増感のISO100を常用していた 私には、“ブラし・流し”か“停”しか表現手段は存在しなかった。デジが普及して福音だったのは、こうした悪条件下での撮影意欲が高まったことである。といっても 晴れを望むシチュエーションでわざわざ雨乞いをするわけではないけれど、梅雨時の紫陽花ようなしっとり感が必要なモチーフには、しっとりした条件を積極的に期待す るようになったのは間違いない。

実はこの構図、以前ツートン時代のほたる臨で1回押さえていた。程よく薄暗くなった夕刻、小雨模様の中に佇むキハが非常に良い雰囲気だった。ならば今度はタラコで 極めてやろうと、梅雨入り最初の週末に房総山中へと車を走らせた。国吉駅は、花と絡めるなら下りホームがいい塩梅。D800に70-200oの組み合わせで、傘を差しながら 15時台の上総中野行きを待つ。間もなく、構内踏切の音と共に朱色の気動車がゆっくりと滑り込んできた。遮断機が上がると、静かな駅にはしとしとと地を打つ雨音とDMH のカランカランというアイドリング音だけが響く。花ピン?キハピン?迷ったときは両方である。今回は花ピンのカットを載せてみた。

5年ぶりにツートンが復活したものの、スジがどんどん削減されていい光線の時間に走らなくなり、最近すっかり疎遠になっているいすみのキハ。だが、雨天曇天なら、 人呼んで「全方位順光」である。この週末あたりから関東はしばらく天気が良くないらしい。職務多忙で時間が取れるかは微妙だが、時間が許せば紫陽花の風景を切り取 りに行くのも悪くない。



Memorial GALLERYへ