Memorial GALLERY


 2021.02.26

2017.02.26 千頭駅 NikonD800 smcPENTAX90oF2.8 ISO200

撮影日記でも書いているように、最近大井川鐡道のズームカーに入れ込んでいる。ことの発端はといえば、4年前の2月に行われた貸し切り運転のイベントであった。 2編成あるズームカーを往路は別々に、復路は併結4連にして運行し、南海時代のマル急マークを復活させるという気合の入れように、思わず駒場で受験生応援をした 後に新幹線とレンタカーで千頭に駆けつけてしまったのだった。

静岡から山越えをして千頭に直行するも、往路は4橋しか間に合わず光線・アングル共にイマイチだった。間もなく駅では南海2編成を並べた撮影会が始まる。構内 撮影はツアー参加者のみだが、柵の外からでも頑張れば撮ることはできるはず。実際、現地に着くと道路からでもペンタ300oピッタリで湘南フェイスの2本並びをき れいに納めることができた。 更に入れ替えで1本が1番線に入線。2面3線の構内に南海・近鉄・南海の3並びが実現した。一昔前の関西私鉄夢の競演である。関西 在住歴を持つものとしては垂涎の光景。D800にペンタ90の組み合わせで名優たちの横顔を切り取った。

この日のメインであった返しの併結4連は、残念ながら午後から広がった薄雲により納得いく結果にならなかった。だが、この後しばらくして、トップナンバーの21001F にマル普マークが掲げられるようになった。文字は違えど雰囲気は満点。その雄姿に魅せられて、川根路を頻繁に訪れるようになった。JR線上からほとんど被写体が 消えた昨今、地方私鉄の「今なお現役」に熱い視線を向けるときが来ているのかも知れない。



Memorial GALLERYへ